ローンカードを作る方はここに注意して欲しい

6月 12th, 2014

ローンカードはクレジットカードを発行している会社が作っているカードローンです。利用できる範囲は全く同じですが、
クレジットカード会社が作っているために金利がやや高めに設定されています。その代わり審査が甘くなっているという点は魅力的です
ローンカードを発行したいと考えている方は、以下の点に注意して発行して欲しいと思います。カードローンよりも審査は甘いのですが、それは発行できる可能性があるだけで、実際に発行されるカードが使いやすいかどうかは別の話です

まずはある程度の収入を確保して、利用できる範囲を広げることを心がけてください。
下記のサイトようなローンカードは利用できる範囲が広くなっており、最低で10万円以下から借りれるものもあります。

http://レイク審査.jp.net/

寄り使える範囲を広げなければ、キャッシングと同じことになってしまいます。カードを持つからには利用できる金額を増やすことを考えて、ある程度の収入を確保してください
もう1つが金利の低いカードをなるべく使うことを考えてください。当然ですが、発生する利息は金利の高いものほど多くなります。これを解消するためには、金利の低いローンカードを使うしかありません。場合によってはゴールドのローンカードを使うことも考えてほしいと思います。その方が金利が低く、利用できる範囲も相当広くなります

カードローン

ローンの借り換えは行動力で!

5月 24th, 2013

先行き不透明な経済の行方。
住宅ローンを抱えている家庭にとっては、金利上昇の四文字は非常に敏感になるところ。
でも、その前に、自分が借りている住宅ローン金利の数値を正確にいうことができますか。
残り返済期間や、返済額、総返済額などをしっかり把握しているでしょうか。
借りてしまうと、あとは自動引き落としにお任せになっていることも多いのが住宅ローン。
でも、固定期間で組んでいた人も、今の超低金利の条件と比較すると、
もしかしたら総返済額に大きな差がついているという事実を知らないままでいる可能性もあります。
一度、ローンの借り換えシミュレーションだけでもしておいた方がいいかもしれません。
また住宅ローンの借り換えは、保証料など手数料分がとられるから、ムダも多い、
と一刀両断にしている人もいるかもしれませんが、
金融機関に借り換えの相談に行っただけで、今借りているローンの金利が下がることもあることをご存知ですか?
そうなんです。
みんな気になっていること。それを行動に移すかどうかで、随分結果が変わってくるものなのです。
金融機関にわざわざ足を運ぶのが億劫になっていても、そのひと手間で何十万、いやもっとの「節約効果」が
あるかもしれないのですよ?
そう思えば、問い合わせ一回くらいの手間、どうってことないのではないでしょうか。
ネットを使った試算も可能ですし、まだ間に合う!と思って行動に移してはいかがでしょうか。

カードローン

ローンの借り換えで大きいお金を見直す

5月 24th, 2013

私のお友達に、保険会社に長年勤めていた子がいます。
保険会社でお金のことを扱っていたせいか、
金融についていろいろなことを知っていました。

その彼女はよく、
「スーパーで10円、20円安いからとチラシを見ているよりも、
ローンや保険などの大きいお金の見直しに時間を掛けるべき」
と言っていました。

実際、彼女は住宅ローンの借り換えを2回行い、
40歳代半ばで最初の家のローンは払い終えていました。

彼女の行動力とお金の遣り繰りをすごいと思っていましたが、
当時、我が家は2世帯で、おじいちゃんが大きいお金の管理を
していたので、嫁の私は口出しするのも控えていました。

そのおじいちゃんが亡くなり、ローンの見直しをすることになりました。
10年前に契約したローンの率は、2.5%でした。
新たに近くの信金で10年ローンを
1.2%の固定金利で組んでくれることになりました。

特に、我が家が見直しをしたのが、2011年末であり、
金利が本当に下がっている時期だったことも幸いしたのかもしれません。

もちろん、手続きはわずらわしく、
何枚も書類を書くことになりましたが、
手数料を除いても結局60万円くらいトータルで安くなりました。
本当に、ローンの借り換えを行ってよかたなと思っています。

カードローン

ローンの借り換えの目的やサービス性について

5月 23rd, 2013

ローンの借り換えは、キャッシング、カードローンをたくさん利用しているときに便利であったり、メリットがあります。
金融機関によって利率が違うため、利率が低いところに借り換えると、発生する利息を少なくできます。
また、借りているところをひとつにするという目的で使用される場合もあります。ひとつにまとめることで、月々の返済がしやすくなります。分散していると返済するのが面倒であったり、返済プランを練るのが難しいケースがあるので、それに対応できるところがメリットと言えるでしょう。
金融機関によってはおまとめローンと呼ばれるサービスを提供していて、借り換えのメリットを生かすことができる場合があります。ただし利用する場合は、その金融機関のサービス性を把握しておきましょう。サービス性の悪いところに借り換えるのはあまり良い行動とはいえません。
現在では、金融機関のサービスを比較していたり、ランキング表示している情報サイトがあるので、そういったところからサービス性を把握することが可能です。
こういった情報サイトは、金融機関のセールスポイントがピックアップされていたり、ホームページへのリンクが貼られているので、そういった意味でも有効活用することができます。

カードローン